世の中ではこういうことが驚きらしい、常識なのだが

某所から驚きのネタを、ということで列挙してみた。
・若者の血液で脳が若返るらしい
若いマウスの血液を、年老いたマウスの血液に注入することで、脳で記憶を司る海馬のニューロンが活性化、記憶や学習能力が復活することをカリフォルニア大学の研究チームが確認した(2014)
・偽物と書いた鎮痛剤と、本物と書いた偽鎮痛剤の効果は同じ
・ソムリエもラベルや価格でだまされる
・効くと思っている人のほうが効く
・プラセボー(偽薬効果)は脳では真実
偽の鎮痛剤を打つ前にどのくらい効くと思うかを聞いておくと、より効くと思った人のほうが脳でドーパミンの分泌がまし、実際痛みが和らぐ
・夢を見ているとき、実際にものを見たときに活動する視覚野が活動する
・脳を調べることで夢の中身をある程度推測することにすでに成功している
・睡眠学習はマジらしい
昨年のドイツでの研究。聞き流しより、深く眠った時の睡眠学習の方が効いた。
・睡眠学習で禁煙に成功した
・親のトラウマは精子を介して孫まで伝わる
ネズミに桜の匂いを嗅がせ電気ショックを与えることを繰り返すと、ネズミは桜の匂いでびくっとするようになる。この反応が孫まで伝わる。尖端恐怖などはこうして伝わっているのかもしれない。
・理研はネズミの記憶の書き換えの成功している。
・電気刺激を脳に与えることで記憶力アップが期待できる
tDCSという方法
・睡眠中の電気刺激で、夢をコントロールする力が高まる
tACSという方法
・よい家庭教育が知能を高めるのは、実子の場合のみ
養子の研究から
・遺伝の影響は年を取るほど高まる
小さいうちのほうが環境の影響が大きい、歳をとるほど親に似る
・ダイエット成功後も脳は飢餓状態が続く
グレリンは増え、レプチンは減る
・どのダイエット法でも効果があるが、その効果は二年続かない

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック