性的興奮で血圧を下げるホルモンが出るよう作った細胞の移植で、性的興奮で血圧低下に成功だとか。。

 ほ~。なんと言いますか。。。性的興奮などによるドーパミンの放出を感知して、血圧を下げるホルモン(心房性ナトリウム利尿ペプチド;ANP)を生成するように加工した細胞を移植されたマウスで、性的に興奮させることで血圧を低下させることに成功したんだそうです。。。。ま、この技術によって、腹上死(性的興奮による急激な血圧上昇も一因)が予防出来、かえってセックスが高血圧治療になるわけです。。。。おいしい食事、ゲームでの勝利、仕事での達成などでも血圧がかえって下がるわけで、それってどんな人生なんでしょうか???もしや、これがさとり。。。
Proc Natl Acad Sci U S A. 2013 Oct 14. [Epub ahead of print]
Reward-based hypertension control by a synthetic brain-dopamine interface.
Rössger K, Charpin-El Hamri G, Fussenegger M.
Source
Department of Biosystems Science and Engineering, Eidgenössiche Technische Hochschule Zurich, CH-4058 Basel, Switzerland.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック