スロットは脳トレ

わたしたちはスロットトレーニングによって中高年の頭の働きがよくなるのかを調べました。
スロットトレーニングは、目押し練習10分、展示会用の高確率機10分、実機10分の遊技を週三回、4週間続けるものです。
頭の働きは、脳測といって記憶力、注意力、計画力などを調べるテストと、知能テスト(IQテスト)を使って調べました。トレーニング開始時、二週間後、トレーニング終了時の三回測定しました。
 トレーニングに参加した人はスロットの遊技経験のない平均年齢65.0±4.5 歳の男女各17人(計34人)で、同じく遊技経験のないトレーニングをしない平均年齢63.6±6.4 歳の男女各17人(計34人)とその成績を比べました。
 その結果、トレーニングをしない人たちは成績が伸びなかったのに対して、トレーニングをした人たちは成績がよくなりました。どちらのテストも統計学的に意味のある差が認められました。
 つまり、中高年はスロットトレーニングによって頭の働きが改善しうるのです。
 目押しは自力がよろしいようですし、ホールのスタッフが上手に目押しを教えることは、お客様の脳にとってプラスです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック