オリーブオイル、牛肉などに含まれる一価不飽和脂肪酸を多くとると高齢女性の認知機能が保たれやすい

65歳を超える高齢女性6000人を4年間追跡調査した結果、飽和脂肪酸(バター、ラード、脂身の多い肉)の摂取量が多いと認知機能や言語記憶が歳とともに低下しやすい一方で、一価不飽和脂肪酸(オリーブ油、なたね油)の摂取量が多いと認知機能や言語記憶が落ちにくいことが示されました。牛肉はどっちも多いから悩ましい。
Dietary fat types and 4-year cognitive change in community-dwelling older women. Annals of Neurology. Early View (Online Version of Record published before inclusion in an issue)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック