起きている時に思いだすと記憶は不安定化しやすく、寝ている時だと安定する。

Nature Neuroscience, 2011年01月24日
いわゆるバラ睡眠実験を行ったB Raschらは、空間の位置を記憶する課題を行わせ、同時に匂いを提示した。その後、被験者を睡眠をとるグループと、同じ時間起きたままのグループに分け、匂いを提示。結果、睡眠中だと記憶がよく定着し、逆に覚醒中だと定着しにくかった。fMRIで、覚醒中と睡眠中では匂いによる記憶再活性化のパターンが異なることが示された。
以前から、新しく生成した記憶は覚醒した状態で再活性化すると不安定になり、記憶の頑強性が損なわれることが知られているが(精神分析やEMDRなどもこの利用と考えられる)、睡眠中では逆なわけだ。できるだけ没頭して記憶呼び出しを行うことが睡眠状態に近く記憶効率を高める?????ならばあっち系ではいかにトランス状態に導くかがポイント??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック