海、地中海でニューロマーケティング

 最近、ニューロマーケティングという言葉をそこここで聞くようになった。ニューロ=神経。脳イメージング法などを使ったマーケティングだ。アメリカのSANDS社が博報堂や電通に話を持ちかけているそうで、この間もCF数十本の分析結果が持ち込まれ解説した。
 そんなつもりはないのだが、われわれは十年ほど前から、血中や尿中のドーパミン、セロトニンなどや脳波、脳血流量を使って、パチンコ台の研究などを行ってきたため、なんだかニューロマーケティングの専門家と思われている。まあ、実際↓なようなこともやるから、間違いではない。
画像

 上記↑は海物語、地中海のポスターコンペのための実験。パチンコ未来図研究会というところが、各店舗のポスターコンペを行うというので、じゃあ、初心者、ミドルユーザー、ヘビーユーザーに12種のポスターを見せ、脳活動をNIRSで比較しようかということになった。詳細は言えないが、左がミドルユーザー、右がヘビーユーザー。この辺のセグメント配慮をしないといかんというのが、血液、脳波、脳血流の今までの研究からの結論。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック