「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットで悪口

<<   作成日時 : 2009/05/02 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

TBSの依頼で、面と向って悪口を言う、言われる場合と、ネットを通して悪口を書く、読む場合の比較を行った。ケーススタディだが、結構面白かった。実験をする前は、これまでの携帯メールやPCで文章を書く場合と鉛筆で書く場合との比較から、ネット上に書き込む場合、前頭前野の活動が低下し、それが情動や行動の抑制の低下につながり、悪口が加速化しがちになるのではないかと思っていた。
しかし、それだけではなさそうだ。前からメール時の脳活動で気になってはいたのだが、右前頭眼窩部あたりが活性化した。このあたりは価値判断、表情判断などでも効いてくるところ。面と向かう以上に表情判断というか価値判断が優先されるのかもしれない。相手の表情を価値的に固定化して、書く、読むが進んでしまうのかもしれない。ものすごい悪い奴とか、悪意にみちた奴とか、ただのあほとか、わたしを攻めているとか。ステレオタイプにはめこむということの脳的表現の一端かもしれない。批判一般が悪いというつもりは全くないが、ネット上での批判のみならず、マスコミの○○批判なども、結構こんなものが基盤になってしまいがちなのかもしれない。
カウンセリングの相談に本人ではなく、親や友達が来たとき、本人の顔つきや髪の長さを尋ねるときがある。これは、ただ困りごとを聞いていると、自分の中でその子がとても困った子として固定され、頭の中のイメージが「問題児」として動かしがたくなるのを避けるためだ。相談者の脳でも同様。ちょっとふくよかなほほとか、すずしい目とか、具体的な顔や様子は、その突っ走りのブレーキになる。
この点は心しておきたい。子どもの叱り方ではないが、一の批判に三褒めるくらいのバランスは、いつでも頭に置いた方がいいのかもしれない。
いずれにしても、NIRSでの計測でもそこそこいけそうだから、どこかでまとまった時間をつくって実験を重ねたいものだ。もしくは似たタイプの実験を観察的にまとめて・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
ネットで悪口 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる