脂肪ばんざい!?

脂肪が小腸に入ると脂肪誘発満腹因子OEA(オレオイルエタノールアミド)が放出され、それがPPAR-αを介して満腹感・満足感をもたらすことが知られています。やっぱり、サシたっぷりの和牛はたまらんわけです。また、カロリーをカットした甘みではドーパミン系が活動しにくいとの報告もあり、生クリームたっぷりもたまらんわけで、コース料理とは基本悪魔です。
しかし、ラットの実験ですが、記憶課題を行うとき、OEAを投与すると記憶が保持しやすくなると最近報告されました。OEAがPPAR-αのアゴニストとしての作用して、扁桃体基底外側部の非ノルアドレナリン性活性化をもたらし(たぶんドパミン性)、記憶固定を促すらしいのです。してみると、おべんきょするならちゃんと脂肪も(もちろん炭水化物、タンパク質も)とりましょう、もしくは、コース料理とプレゼントの組み合わせは、たんにお金の問題ではなく生理学的な意味がある、彼女、彼のこころに刻まれるぜ、みたいな。

ま、飲み屋の与太話にはよろしいかと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック