蓼科高原、はげひげごのみ

丸井伊藤商店の味噌汁(未発売)。カリカリ梅。

・そのへんの清水に自生しているクレソン(このへんではダイワンゼリと呼ぶ)のおひたし。つけあわせのぽちょっとしたクレソンがダイワンゼリと知って驚いたものだ。蓼科ではほうれん草のように大量にゆでおかかをかけてバクバク食べる。ちょっとした苦味がうまい。
・木なりの完熟したトマト、ちょっとひびわれ。食べればわかる。5個くらいは食べられる。
・そのへんに自生しているアサツキの味噌汁。
・そのへんに生えてくるふきのとうのふき味噌。
・とったばかりのタラの芽のてんぷら。

エスポワール。酸味使いが絶妙。野菜抜群、スウィーツがまた・・。
横谷温泉旅館のそば湯。こってり、まったり、ゆで汁にあらず。焼酎割は二日酔い知らず。ここの鉄泉は子どもの頃から入っているので大好きじゃ。この旅館の四方には土地浄化のため?炭が大量にうめてあるそうな。宝くじを買って四方参りするといいかもしらん。
保科館のお風呂、不器用な感じがいい。目前の無用なプールも嫌いじゃない。
アートランドホテル蓼科の中華レストラン湖畔の脳トレ昼食コース。
・ピラタスロープウェイ上、這い松の坪庭。
・白駒の池までの小道、もののけ姫っぽい、木霊(こだま)が出そう。
ぴざ屋。生パスタがうまい。トマトソースの軽さが好きじゃ。
そば処由。山菜のてんぷらと十割そば、水のよさ、時間の掛かり具合がまたよい。
・ブラディマリィのコーヒー。
・ナマステ、スペシャルカバブとバイガンベナラス(メニューにはない)、チャイ。

うなぎ小林。江戸風とは違う香ばしさ。
新鶴の塩羊羹。知っている人は知っているが、京都などの高級和菓子に使われる寒天はほぼすべて茅野産だそうな。もちろん新鶴も茅野産使用。
・勝美庵のひれかつ。
・ハルピンラーメン。高校生の頃から。ヤマト見ながら山田が食ってた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック