「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 必死に無理をする方法もある、ってことか。

<<   作成日時 : 2006/11/05 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

11月のJAMAの抑制療法の話は考えさせられる。
抑制療法は、麻痺が生じた時、麻痺のない側を拘束して麻痺のある側を強制的に使わせ機能回復を目指す療法。3-9ヶ月前に脳卒中を経験し、上腕に麻痺のある222人を対象に二週間抑制療法を行なった結果、通常のケアに比べて上腕の運動機能が有意に改善し、その効果は最低一年間は継続することがわかった。
今までは破壊部位の可塑性が軽く見積もられ、麻痺のないほうの脳の代償的な働きがリハビリにとって重要と考えられてきたが、無理に使えばそこでニューロンが育つ可能性があるわけだ。
子どもの成長を考えるとき、得意な部分を伸ばすだけではなく、苦手なことをさせる、逃げ出せない環境を作ってさせることにも大きな意味があるのかもしれない。特に学業面ではなく、がまんとか、倫理観とか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳卒中
脳卒中の解説。 ...続きを見る
げんきの独り言
2007/01/22 03:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
必死に無理をする方法もある、ってことか。 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる