アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「高血圧」のブログ記事

みんなの「高血圧」ブログ

タイトル 日 時
まあそうなんでしょうが、若くして発症する高血圧は子孫にもあらわれやすいとか
 フラミンガムハートスタディから。3641人の第一世代のデータと、1635人の最初は高血圧でなかった第二世代のデータの解析。  第二世代のうち、両親の一方または両方が遅くに高血圧になった場合は、両親とも高血圧でない場合と比較して高血圧のリスクは増加していなかった。一方で、両親の一方が早期に高血圧を発症した場合のハザード比は2.0(二倍)、両方の場合は3.5倍となった。  また第一世代では、1151人が心血管疾患で死亡し、うち630人は心臓疾患死であったが、心臓血管死率は高血圧の発症年齢と相関... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 22:30
90代なら高血圧が逆に認知症の発症率を低下させる
 中高年での高血圧は晩年でのアルツハイマー病など認知症の発症率を高めることが知られ、血圧管理などの心臓疾患リスク因子管理(運動、食事、血圧測定、服薬など)が認知症予防的であることはよく知られています。一方で、超高齢者での血圧上昇はかえってリスクを下げるとする報告も散見されていました。  ↓はカリフォルニア大などの研究。90歳以上の559人を3年近く追跡調査。した。研究開始時は認知症0。血圧の推移を確認しつつ、6カ月ごとに認知症について評価。結果、40%が認知症を発症したそう(この数字もだいじ)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 19:35
先天的な高血圧だとアルツハイマー病になりにくい???
 先天的な高血圧には遺伝子がかかわることが知られ、遺伝子の変異、いわゆる一塩基多型(SNP)を調べることでそのリスクを示すことができます。そのデータに基づく解析の結果、先天的な高血圧を持つことと、アルツハイマー病のリスク低下が関連することが示されました。  ただし、この関係は、先天的な高血圧があると降圧薬を使用するし、降圧薬の使用がアルツハイマー病のリスクを低下させることも知られているので、降圧剤使用をコントロールしたうえで検討しないと、先天性高血圧だとアルツハイマーになりにくいとはいえないと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/03 14:43

トップへ | みんなの「高血圧」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ 高血圧のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる