アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「DecNeF法」のブログ記事

みんなの「DecNeF法」ブログ

タイトル 日 時
ギャンブリング障害の回復支援にDecNef法を使う方向に進むのか?
 これまで、線条体のドーパミンD1受容体の密度が低い人ほど、低確率を高めに見積もり、高確率を低く見積もる度合いが強いことを示したり、視床でのノルアドレナリントランスポーター密度が濃い方が、慎重になるなど、ギャンブリング障害にかかわる基礎的データを出してきた高橋先生らが、ギャンブリング障害の未治療の人、回復途上の人など21名と健常者29名の研究。  ギャンブリング障害ではアイオワギャンブリング課題がリスクテイク課題では著名だが、これを進化させ、アイオワ式と同様ハイリスクハイリターンのゲームとロー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 01:53

トップへ | みんなの「DecNeF法」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ DecNeF法のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる