アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ダイエット」のブログ記事

みんなの「ダイエット」ブログ

タイトル 日 時
ああそうですか、痩せようとする人が減ってるんですか。
 1988年から2014年の米国のデータによれば、太りすぎまたは肥満成人で「痩せよう」としている人の割合が、1988〜1994年には56%だったのが、2009〜2014年では49%に低下していたとか。肥満の有病率が高い黒人女性の体か割合が大きく、66%から55%に低下していたとか。  一般にダイエットは失敗するので、あきらめが多くなるのもいたしかたないか(そうやって、ダイエット後のリバウンドが一年も持続してしまうわけだ・・・・ http://higeoyaji.at.webry.info/2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 22:58
ご飯の前に、魚や肉を食べたほうが血糖値があがりにくいらしい
 食べる順番ダイエットが話題です。野菜→おかず→ご飯、が定番の順番ですが、↓は特にご飯前に魚や肉を食べる効果を検証した研究。  関西電力医学研究所の矢部氏らは、30〜75歳で、HbA1c値9.0%以下、BMI 35以下の2型糖尿病患者12人と健康なボランティア10人を対象に、(1)魚料理(サバの水煮)の前に米を食べる、(2)米の前に魚料理を食べる、(3)米の前に肉料理(牛肉の網焼き)を食べる、で3日間、朝食を食べてもらい、食前および食後4時間の血糖、インスリン、インクレチンなどを調べたのだとか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 22:01
食事法による体重低下の差は微々たるもので臨床的には無意味
 様々なダイエット法が提案されていますが、無作為化試験のメタ解析の結果、低脂肪食の長期体重低下≒高脂肪食の体重低下、低脂肪食の長期体重低下<低炭水化物+高脂肪食、その差は1.15 s。低脂肪食は通常食よりは体重が低下した。低炭水化物食がもっとも低下が大きいわけでもなかったとか。食事法による体重低下の差は微々たるもので臨床的に無意味だとか。 Prescribing low-fat diets: useless for long-term weight loss? Lancet Diabete... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 01:13
残念なお知らせ、肥満の正常化は難しい
 世の中、さまざまなダイエット法があふれています。しかし残念ながら肥満の解消は難しいようです。  10年間に3回以上BMI身長と体重を調べ、BMI(体重(kg)/身長(m)/身長(m)、望ましいのが22)を算出してある肥満成人を調べたところ、病的肥満(BMI40.0-44.9:BMI40は身長170cmなら115kg)では、正常体重達成の可能性は、男性では1290人に一人、女性では677人に一人だったとか。病的レベル未満の肥満(BMI 30.0-34.9、BMI30は170cmなら87Kg)で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 12:08
さまざまなダイエット法、一年くらいなら効果あり、長期になるとよくわからん、効果があっても微々たるもの
世の中にはたくさんのダイエット法があります。 有名どころではアトキンス法、いわゆる低炭水化物ダイエットです。サウスビーチも似たようなもので、身体に良い炭水化物、身体に良い脂肪だけを3段階に分けて摂るダイエット方法です。ゾーンダイエットは炭水化物、タンパク質、脂質の割合を4:3:3にするもの。 ウォッチャーズはカロリー計算のように食べ物にポイントが付与され、それを意識して食べるタイプと、健康に良い食べ物リストから選ぶタイプがありますが、ようは生活に合わせたカロリー摂取を行うものです。 カナダ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/16 00:06
アドレナリンのみならずセロトニンがかかわって長期的な体脂肪の分解が生じる
 セロトニンは以前からエネルギーバランスを調整する神経伝達物質として知られている。しかし、その重要性にもかかわらず、セロトニンがいかにして体脂肪をコントロールするべく働くのか、その神経メカニズムや分子機構は明らかになっていない。  そこでノーブルらは線虫(Cエレガンス)におけるセロトニンによる体脂肪減少の神経機構を解きあかし、セロトニンが脊椎動物ではアドレナリンにあたるオクトパミン以降の信号伝達を促すことを示した↓。このことはセロトニンとアドレナリンを結び付けた体重減少薬の開発の可能性を示す。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/20 16:50
脳トレダイエット、という本が出ます。
脳トレダイエット、という本が出ます。 実は相当にオーソドックスな本です。その方法をちゃんとやれば二重の意味で脳トレになりますよ。前頭前野の判断機構を変えましょうね的な話です。ま、磁気刺激を背外側前頭前野にあてちゃえば渇望が低下するとの研究もありますが、そういう裏ワザではなくいたってオーソドックス。 http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B3%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%82%92%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/20 19:49
ほお、くつろげるレストランの方が150カロリー減るのか。体重70キロなら二キロぐらいのジョギング。。
ファーストフードレストランの照明や音楽を穏やかにすると、注文に変化はないもののカロリー摂取量が949カロリーから775カロリーに低下したのだとか。その差、約175カロリーといえば、70キロの体重の人なら、ジョギングを距離なら2.5キロメートル、時間なら20-30分に相当しますから、くつろげる店を選んだ方がえらくお得なわけですな。ついでに言うと、175カロリーは40日で脂肪一キロに相当します。 BRIAN WANSINK and KOERT van ITTERSUM (2012) FAST FO... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/03 11:54
減量には30分ぐらいのジョギングがいい?
コペンハーゲン大学の研究チームは、体重が多いが健康で、体重を減らしたい20〜40歳の男性60名を対象に、21名は毎日30分、ランニングや自転車運動、ローイングマシン(ボート漕ぎマシン)などで有酸素性運動を行ってもらった。21名は60分間の有酸素運動を行ってもらった。残り18名は対照群として運動をしなかった。 結果、1日30分のグループは、1回の運動で約300キロカロリーを消費し、13週間で体重が3.6kg落ちた。一方、1日60分のグループは一回の運動で30分の二倍、600キロカロリーを消費した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 16:53
男はヨーグルトでダイエット&がんがん? ジャンクフードでは・・・・
加齢に伴う体重増加を防ぐにはヨーグルトが最も有効らしいことがハーバード大学の疫学研究(*)で示されています。だから中高年のダイエットには食事前のヨーグルトがおすすめです。さらにマサチューセッツ工科大学の研究では、マウスではヨーグルト食で毛のツヤがやたらよくなるんだとか。元気な毛包の密度がほかのマウスの10 倍もあったそうですから、やや薄い方にもおすすめです。さらに睾丸が通常の餌だけより約5%、ジャンクフードだけよりは15%も重くなり、精液をより素早く注入し多くの子をなしたのだとか。ダイエットに成... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/27 22:36
筒状の容器に入っているポテトチップ、一定間隔で赤くすれば食べる量が減るのだとか。
筒に入っているポテトチップに一定間隔で赤色のポテトチップを挿入すると、食べる量が減るそうです。どうやら食品の量を暗示する印があると自然と食べる量が減るようです。パチンコ屋さんに行くときにはお札の間に一定間隔で赤紙でも入れておけば自制しやすいのかもしれないですね。お酒も4杯目くらいで真っ赤な奴が出ると量が減るかも。 Red potato chips: Segmentation cues can substantially decrease food intake. Health Psycho... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/24 21:29
正月、はら出ました。同じカロリーでもたんぱくを増やせばOK、、、ではないようです(悲しい)
脂肪量の増加は摂取カロリー量の増加によってであり、食事のたんぱく量の比率が高ければ脂肪増加は起きないということはないようです。それでもたんぱく質量が異常に少ない場合よりは普通または多い方が安静時エネルギー消費や除脂肪体重(ほぼ筋量)の上昇をもたらすそうで、同じカロリーならたんぱくは普通にとりましょう、というのが正解なようです。 Effect of Dietary Protein Content on Weight Gain, Energy Expenditure, and Body Compo... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/05 20:35
そうやって、ダイエット後のリバウンドが一年も持続してしまうわけだ・・・・
50人の過体重か過食の人に10週間の超低カロリーダイエットを行ってもらい、体重減少前と10週間後と62週後(約一年後)にレプチン(食欲抑制)、グレリン(食欲亢進)、ペプチドYY(食欲抑制)、胃抑制ポリペプチド(インシュリンの分泌促進、食欲亢進)、グルカゴン様ペプチド(食欲抑制)、コレシストキニン(食欲抑制)、インシュリン(血糖値を下げる、食欲抑制)など調べたところ、10週間後、食欲抑制にかかわるレプチン、ペプチドYY、コレシストキニン、インシュリンなどが体重減少に伴って分泌を低下させ、逆に食欲亢... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 13:20
食べているところを想像しただけで、その食べ物の摂取量が減る???到底信じられませんが・・・・
サイエンスにこんな論文が↓。ある物を食べるとその物を得たいという意欲が慣れによって低下してその物の摂取量が通常低下する。しかし、そのようなW慣れ”は実際に食べなくても食べていることを想像しただけで生じるという結果。うーむ、ちゃんと読もう。 Thought for Food: Imagined Consumption Reduces Actual Consumption. Science 10 December 2010. Vol. 330 no. 6010 pp. 1530-1533 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/13 22:03
肥満とダイエットと脳
肥満者は低炭水化物/高脂肪、高炭水化物/低脂肪、いずれのダイエットでも、認知機能テストの反応速度が対照群に比し、有意に改善するそうだ。↓ http://www.ajcn.org/cgi/content/abstract/86/3/580 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/04 13:05

トップへ | みんなの「ダイエット」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ ダイエットのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる