アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「心疾患」のブログ記事

みんなの「心疾患」ブログ

タイトル 日 時
ああ、マーガリン
 わたし、マーガリン、結構好きなんですけど、トランス脂肪酸の使用制限はまもなく全米全体に広がります。ニューヨーク州の11郡では先行的に飲食店でのトランス脂肪酸使用を禁止。住民の心血管疾患(心筋梗塞と脳卒中)による入院率が同州の他の郡に比べて低下。FDAは、食事中の人工トランス脂肪酸の主な出どころである半硬化油(Partially hydrogenated oil)を来年中旬までに食品に含まれないようにすることをメーカーに義務付けているんだそうです。 Hospital Admissions fo... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 18:07
納豆さすが
 岐阜大、永田先生らの高山スタディ。35歳以上の男性1万3,355人と女性1万5,724人の16年追跡調査。  他の要因を除去したのちの、納豆摂取量の最高四分位は、最低四分位と比較して、心疾患による死亡リスクが25%低かった。総大豆たんぱく質の最高四分位は最低四分位に比べ、脳卒中による死亡リスクが25%低かった。納豆は32%低かった。納豆の最高四分位は虚血性脳卒中の死亡リスクも34%低かった。  納豆だいじ。 Dietary soy and natto intake and cardiov... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/28 01:08
運動はだいじですが、死亡率を減らすには、テニスなどラケットスポーツ>水泳=エアロビクス>自転車だとか
 オーストラリア・シドニー大の研究。イングランドとスコットランドの30歳以上8万人(平均年齢52歳)を、1994〜2008年の15年間調査。結果、バドミントン、スカッシュ、テニスなどのラケットを使うスポーツをする人の全死亡リスクは約50%低下、水泳、エアロビは30%、自転車は15%低かったとか。心疾患による死亡リスクは、テニスなどが56%、水泳41%、エアロビ36%低かったとか。ただし、因果研究ではなく、相関研究。  日本の研究で週一回以上の運動で認知症のリスクが下がることが示されているので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 00:44
運動でもカロリー制限でもやせればいい
 セントルイス大のEdward Weiss氏らの研究。45〜65歳の過体重の男女52人が参加。運動のみを行う(運動レベルを10%増)、カロリー制限運動だけを行う群(20%のカロリー制限、300〜500kcal)、運動とカロリー制限(運動レベルを10%上げ、カロリー摂取量は10%制限)にわけた。  いずれの群も三か月強で約7%減量し、血圧、血清コレステロール、血糖のそれぞれの値が改善し、生涯にわたる心血管リスクが46%から36%に低下したそうで、Edward Weiss氏によれば、どちらを行うか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 12:35
夫婦喧嘩で怒る人、会話を拒絶する人は、何かと心血管系が危ないかも
 ノースウェスタン大学のClaudia Haaseらは、夫婦の会話の追跡調査で著名です。たしかNHKの番組で、夫婦げんかが始まり男性の心拍が120を超えると黙り込み会話を拒否する、女性はさほど心拍が上昇しないといった知見を披露していました。  今回は、156組を20年以上、5年ごとに研究室で会話してもらった際の様子と健康の関係を報告したもの。実験開始時半数は40−50歳、残りは60−70歳。研究室では楽しい話題と意見の合わない話題を話し合ってもらっています。ビデオの録画し、顔の表情、ボディラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 00:51
卵好きの私にはありがたい一押しです
 すでに米国心臓協会(AHA)がコレステロール摂取の制限を撤回し、食事から得られるコレステロールは血中にさほど反映せず、心疾患リスクでは、飽和脂肪酸と糖分、運動不足が問題という方向になっていますが、↓は確かに卵摂取は心疾患リスクと関連しないというもの。  42〜60歳のフィンランド人男性1,000人超の21年間の追跡調査。スタート時、心疾患・糖尿病はなく、約3分の1がAPOE4遺伝子を保有。APOE4遺伝子を持つと心疾患やアルツハイマー病のリスクが高まることが知られ、この保有者ではコレステロー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 23:44
昔からちらほら出ていた話ですが、血圧は120以下がよろしいとか。
糖尿病や脳卒中の病歴はないのですが、高血圧、高脂血など心血管イベントのリスクが高い50歳以上の成人を対象とした試験で収縮期血圧は120mmHg未満が望ましいことが示されました。 収縮期血圧目標を一般的な推奨レベルである140 mm Hg未満とした場合より、120 mm Hg未満とした方が、心臓発作や心不全などの心血管イベントリスクや死亡リスクが下がったそうです。 すでにその結果を報告していた米国NIH助成試験(SPRINT試験)でしたが、その結果が以下に論文報告されました。腎疾患などではとり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 15:18

トップへ | みんなの「心疾患」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ 心疾患のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる