アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「知能」のブログ記事

みんなの「知能」ブログ

タイトル 日 時
新しい知能遺伝子
 知能は収入にも健康にも関連する。子どものうちの知能の遺伝率は双子研究から45%と見積もられ、大人では80%に上ることが知られている。平均すると54%ほどと考えられるが、これまでの遺伝子研究の多くは被験者数が足りず解析パワーが及ばなかった。そこで↓では、78306人の解析を行い、人の知能に関連する52の遺伝子を発見、うち40についてはこれまで指摘されてこなかった遺伝子であった。この新しい遺伝子は神経細胞の分化やシナプスの形成など、脳内における細胞発生の制御に関与するものだったそう。  また興味... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 00:18
妊婦から幼児期のω3補給は悪くない、けっこうおすすめ
 サプリメント摂取の効果は疑問視されることが多いが、妊娠期から幼児期にかけての白い目で見られることもあるが、長鎖多価不飽和脂肪酸のサプリメント摂取は、プラセボ対照無作為化試験での有意な効果の報告が比較的多い。たとえば、知能をターゲットにしたライジングインテリジェンスでは、長鎖多価不飽和脂肪酸の摂取が子どものIQを高めることがメタ解析で示されていたりする。  ↓は、n−3長鎖多価不飽和脂肪酸(n−3 LCPUFA)・エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)を含むサプリメントを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 21:46
「母乳保育期間が長いとより頭の良い大人になってより稼げる」への疑義
 ブラジル都市部で1982年に生まれた赤ちゃんおよそ3500人のプロスペクティブ追跡調査の結果、母乳保育期間が長いほど30歳時点での知能指数(IQ)が高いという相関関係が確認されたそうです。また母乳保育期間が長いことは高学歴や高収入とも関連し、収入への母乳保育の影響のおよそ3/4(72%)は成人期のIQを媒介するそうです。  これと同じ傾向は、よい養育一般でしばしば報告されています。読み聞かせをしたり、動物園につれていったり、社会的に望ましい養育をする親の子どもは知能が高くなるというのです。し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 22:46
よい養育を行う親の子どもの方が後々賢くなる
 子どもに寝る前に読み聞かせをしたり、会話に参加させたり、夕食を一緒に取ったりといった行為は、親の養育態度として肯定すべきものではあるが、後々の子どもの知能には顕著な影響を与えないことを示す研究を、 フロリダ州立大のケビン・ビーバーらが行い、インテリジェンス誌に"A closer look at the role of parenting-related influences on verbal intelligence over the life course: Results from an... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/07 02:40
幼児期の不規則な睡眠は頭の働きを悪くする、寝不足はけんかを増やす?
 イギリスのミレニアムコホートスタディに参加した11,178人の7歳児を対象にした研究↓で、7歳時点で就寝時間が不規則な女の子は読解、数学、空間認知についての認知機能テスト成績が悪くなっていましたが、男の子ではこの関係が見いだせなかったそうです。しかし、3歳時点で就寝時間が不規則な場合は、男女とも7歳時点での認知機能テストの成績が悪くなっていました。また、この傾向には累積性もあり、3,5,7歳のどの時点でも就寝時間が不規則だった女の子はテストのスコアがより悪く、男の子の場合は三時点での成績低下は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/14 13:25
言語性知能には家庭環境の影響が大きい
 行動遺伝学では、なんらかの形質の類似性を一卵性双生児と二卵性双生児で比較して、遺伝の与える影響と環境の与える影響を算出します。  たとえばある研究では、言語性知能の一卵性双生児での類似度(0〜1の数字であらわされ、0は全く類似性なし、1は完全に一致)が0.73、二卵性双生児では0.62です。一方、空間性知能は一卵性で0.69、二卵性で0.28です。一卵性双生児は遺伝子が一致しており、二卵性は兄弟と同じく50%の一致ですから、一卵性と二卵性の差が大きいほど遺伝の影響が大きく、差が小さいほど共有... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/23 01:24
ゲームと脳
 イギリスの放送局BBCがケンブリッジ大のオーエンと共同で脳トレゲームの効果を検証しました。視聴者11430人(18〜60歳)を3つのグループに分け、第1のグループは論理、計画、問題解決を重視した訓練を、第2のグループは市販の脳トレソフトに似た短期記憶、集中、視覚空間能力、数学の訓練を、1日10分以上1週間3回で6週間、オンラインで行ってもらいました。また、第3のグループは、ネット上で質問に答える単純な作業を行いました。結果、第一、第二のグループは第三グループにくらべトレーニングした能力が改善し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/17 08:03
母乳とIQ
Moderation of breastfeeding effects on the IQ by genetic variation in fatty acid metabolism. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.0704292104 英国とニュージーランドの小児3200人を調べた結果、母乳保育された小児の方がIQが6-7点高くかったという。また、この関係は、脂肪酸をより効果的に処理するFADS2遺伝子多型を有している子供においてだけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/10 00:20

トップへ | みんなの「知能」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ 知能のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる