アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「飲酒」のブログ記事

みんなの「飲酒」ブログ

タイトル 日 時
救急外来を長期トリートメントのきっかけにしたい
 約108万人の調査で、自傷、薬物乱用、アルコール乱用、暴力による怪我で救急科(ED)で治療された英国イングランドの思春期若者(10-19歳)は、こうした理由でなくEDに来た若者に比べて、退院後10年間の死亡率が女児では7.3人 vs 3.8人/1000人、男児では15.6人 vs 6.0人/1000人と、相当に高いことが示されたそうです。  ED外来は長期トリートメントのだいじなきっかけになりうるわけです。 Causes of death up to 10 years after admi... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 11:41
百薬の長、脳でも惨敗??
英国の公務員を対象としたWhitehall II研究(1985年スタート、2015年まで)に参加したもののうち550人についての研究。Whitehall II研究開始時の平均年齢は43.0±5.4歳、30年後(2012〜15年)にMRI検査。  結果、30年間のアルコール摂取量が多いほど海馬萎縮のリスクが上昇。摂取なし群(週1未満単位、1単位はアルコール8g≒一杯)との比較で、週30単位以上のアルコール摂取群で5.8倍。適度なアルコール摂取群(週14〜21単位:一日2〜3杯、毎日)でも右側海... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 00:33
ちょっとの飲酒は認知症のリスクを低下させうる、ただしちょっと
 酒は百薬の長などといわれ、適度な飲酒は健康に役立つと関得られてきた。しかし、最近の研究では、がん、生活習慣病などでは、飲酒はリスクであり、適量はないとのメタ解析が報告され、酒好きをがっかり?させてきた。その酒好きの残されたフロンティア?は、認知症予防への適度な飲酒の効果であった。地中海食が認知症予防に役立ち、地中海食ではワイン1,2杯が推奨されていることにもよる。  この唯一の希望を強化するメタ解析が中国海洋大から報告された。電子データベースから、すべての認知症についての11研究、アルツハイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 17:52
大量飲酒者はタバコがやめにくいらしい
 ロズウェルパークがん研究所による研究。アルコール使用障害を治療中のポーランドの男性喫煙者らを対象として、禁酒の直後および4週、7週後のニコチン濃度を測定。結果、ニコチン代謝は禁酒して4週目には正常に戻った。このことから飲酒がニコチン代謝を早める可能性が推測された。同時に、禁酒をすればニコチンの代謝が遅れ、ニコチンへの渇望が生じにくく、タバコをやめやすくなると推測された。 Cessation of alcohol consumption decreases rate of nicotine m... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/31 23:48
ワイン二杯くらいが人を魅力的にするらしい
 軽く飲んでついあんなことになってしまうのは、飲酒のせいで冒険心が高まるからばかりではなく、軽く飲むとしらふより魅力的になってしまうせいでもあるらしい。  英国・ブリストル大学のJana Van Den Abbeeleらは、ブリストル大学の学生40人(男性20人、女性20人;18〜30歳)を対象に、(1)しらふ、(2)0.4g/kgのアルコールを飲んだ後(体重70kgの人がアルコール度数14%のワイン250mLを飲むのに相当、ワイン一杯は125ml)、(3)さらに0.4 g/kgのアルコールを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 01:40
慢性的な飲酒は恐怖除去機構を壊し、不安を高める
アルコール依存症はしばしば心的外傷後ストレス障害を併発するが、アルコールがトラウマから回復する神経機構にいかように作用するかは不明だった。ホームズらはネズミに慢性的、断続的にアルコールを与えると、前頭前野神経の配線を変え、NMDA受容体を介した恐怖除去機構を妨げることを見出した。 Nat Neurosci. 2012 Sep 2. doi: 10.1038/nn.3204. [Epub ahead of print] Chronic alcohol remodels prefrontal n... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/07 23:39
適度な飲酒は連想力など創造的な解決力を増すようです
適度な飲酒は連想力など創造的な解決力を増すようです。RAT(Remote Associates Test )を使った研究です。過度の集中を緩めることが効いているようです。実際、軽い飲酒でも集中力課題は反射速度を必要とする課題では成績が低下します。過度ではもっとすごく、しかも自分がパフォーマンスを低下させていることに気付けません。自己モニター力が「酔う」のが危ないのです。 Conscious Cogn. 2012 Mar;21(1):487-93. Epub 2012 Jan 30. Unco... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/17 12:20
一日一杯未満・・・
 アルコールと軽度認知障害の関連が報告された(Solfrizzi et al, 2007,AAN)。  認知機能が障害されていない1445人の人を3.5年追跡して、軽度認知障害(MCI:Mild cognitive impairment)の出現とアルコール摂取の関連を調べたところ、飲酒と軽度認知障害の出現に関連は認められなかった。飲酒が認知機能低下を促進するわけではないというわけだ。  また、軽度認知障害の121人をやはり3.5年追跡調査したところ、アルコールを一日一杯未満!摂取している軽度... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 22:32

トップへ | みんなの「飲酒」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ 飲酒のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる