「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 肥満関連遺伝子と食事療法

<<   作成日時 : 2018/01/17 02:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ↓の研究チームは肥満関連一塩基多型77を特定し、肥満との関連をスコア化している。このスコアを利用して、米国の医療従事者およそ1万人の20年間(1986-2006年)の体重変化と、4年ごとの食事内容調査との関連を調べたそう。
 結果、食事の内容の改善によってBMIや体重の低下が認められ、肥満の遺伝的リスクが高い人ほどその効果が大きかったそう。遺伝的に肥満化しやすい人ほど野菜、果物、ナッツ、豆、全粒穀物をより食べるなどの食事改善が、体重低下に役立つらしい。
Improving adherence to healthy dietary patterns, genetic risk, and long term weight gain: gene-diet interaction analysis in two prospective cohort studies.
Wang T, Heianza Y, Sun D, Huang T, Ma W, Rimm EB, Manson JE, Hu FB, Willett WC, Qi L.
BMJ. 2018 Jan 10;360:j5644. doi: 10.1136/bmj.j5644.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
肥満関連遺伝子と食事療法 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる