「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のギャンブル等依存症は自然回復が8割に及ぶ(ほぼ確定)

<<   作成日時 : 2017/09/29 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2017年9月29日、久里浜医療センターなどの研究班による全国調査が報告された。
 2017年5〜6月、20〜74歳の男女1万人を対象に行われ、4685人が面接での調査に回答したもの。
 結果、成人の3.6%(約320万人、実数158人)が生涯でのギャンブル等依存症のうたがいと推計された。
 一方、この1年間でのギャンブル等依存症のうたがいは0・8%(約70万人、実数32人)と推計。最もお金を使ったのはパチンコ・パチスロとした人が26人おり、いわゆるパチンコ・パチスロ依存は57万人と推測された。
 生涯のうたがいが3.6%、この一年でのうたがいが0.8%という数字は、生涯のうたがいでは諸外国より多いが、過去一年でのうたがいでは諸外国並みか少ない。
 またこの数字から約250万人は、生涯のどこかでギャンブル等依存症のうたがいがあったが今は軽快または回復しており、8割近くが自然回復している。この率は2017年3月報告、社会安全研究財団報告と類似し、諸外国と比べきわめて高い。また社安研調査では特に何もしなくても自然回復しており、いわゆる簡易介入が依存対策の主軸となることが予測される。
 なお「うたがい」は夢中になっている、軽いのめり込みも含まれる。
 この9月報告を3月報告と比較すると、生涯でのうたがいで0.9%、この一年でのうたがいで0.2%増えており、これをママ信ずれば、MAX撤去等は依存症対策として役に立っていないことになる。ま、これ統計的には無意味な増加に見える数字に過ぎないと思いますが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
日本のギャンブル等依存症は自然回復が8割に及ぶ(ほぼ確定) 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる