「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 青少年で骨折が多いのは?

<<   作成日時 : 2017/08/03 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 子どもや思春期の青少年は骨折しやすいことが知られています(骨折経験30〜50%)。スポーツ選手と特別なスポーツをしていない中学生との比較では、毎日二時間以上スポーツをしている人は骨強度が弱く、スポーツ時間が長いほど骨折しやすいことを示唆する日本の研究もあります(渡部ら2003)。
 ↓は身長が伸びなくなっても骨量の増加は続いており、骨の質の成長が重要とするもの。米フィラデルフィア小児病院などの研究。米国内の5〜19歳の男女2,014人を、2002〜2010年の間、最長で7年間追跡調査。
 結果、身長よりも骨の方が成長が遅く、10歳代後半に身長が伸びなくなった後も、骨量は約10%増えるそう。研究者は、喫煙、飲酒、乱れた食生活、運動不足などが骨の発達を妨げる可能性があるので、身長の伸びが止まっても、健康的な行動を勧めるべきと述べている。
Association Between Linear Growth and Bone Accrual in a Diverse Cohort of Children and Adolescents.
JAMA pediatrics. 2017 Jul 03;e171769. doi: 10.1001/jamapediatrics.2017.1769.
Shana E McCormack, Diana L Cousminer, Alessandra Chesi, Jonathan A Mitchell, Sani M Roy, Heidi J Kalkwarf, Joan M Lappe, Vicente Gilsanz, Sharon E Oberfield, John A Shepherd, Karen K Winer, Andrea Kelly, Struan F A Grant, Babette S Zemel

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
青少年で骨折が多いのは? 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる