「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「健康的な食事と運動は万人に進めるべき」とはいえない

<<   作成日時 : 2017/07/17 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 血管疾患リスク因子(高血圧、脂質異常症、血糖値異常、糖尿病)があったり、肥満であったりする人に対しては、健康的な食事と運動の推奨が、有意な心疾患リスクの低下につながるし、その効果量もそこそこある。一方で血管疾患リスク因子を有さず肥満でもない成人への健康的な食事と運動の推奨の必要性は、効果量はさほどではないので、皆に推奨するのではなく、それぞれの人毎の好み等も考慮し、決定すべきだとのこと。
 米国予防医療特別委員会(USPSTF)の見解、2012年二も同じ見解を出している。
USPSTF Recommends Individualized Lifestyle Counseling for Nonobese Adults
By Kelly Young
http://www.jwatch.org/fw113085/2017/07/12/uspstf-recommends-individualized-lifestyle-counseling

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「健康的な食事と運動は万人に進めるべき」とはいえない 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる