「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 目や口に目をやる傾向には遺伝の影響がある

<<   作成日時 : 2017/07/31 13:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 388人の幼児(166人は双子、88人は自閉スペクトラム症の双子、84人は双子でない対照群)を対象に、顔や生き物らしい動きなどの社会的刺激に対する視線の動きをトラッキングした。
 その結果、社会的刺激に対する視線は、一卵性双生児で相関係数が0.91だったのにたいして(非常によく似ている)、二卵性双生児では0.35と似ている度合いが小さかった。つまり、、顔の特徴を見る傾向などの視覚的な社会的関与や、注視の時空間的な動態は遺伝性が高いわけだ。顔への注意など視覚的な社会的関与は特に遺伝性が高く、また通常に発達している幼児と自閉症児との間で明確な差が認められたそう。
 自閉スペクトラム症には遺伝の関与が強く、社会的注視の問題をはらむことはよく知られているが、自閉だけでなく、より広範な集団内の差異にも社会的視線の問題が存在し、かつ遺伝性が強いそうだ。
Infant viewing of social scenes is under genetic control and is atypical in autism
John N. Constantino, Stefanie Kennon-McGill, Claire Weichselbaum, Natasha Marrus, Alyzeh Haider, Anne L. Glowinski, Scott Gillespie, Cheryl Klaiman, Ami Klin & Warren Jones
Nature 547, 340–344 (20 July 2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
目や口に目をやる傾向には遺伝の影響がある 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる