「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS アミロイドβ依存の記憶障害ばかりではない、他のルートの対応も必要

<<   作成日時 : 2017/03/01 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルツハイマー病の治療候補薬は理屈上は効きそうにもかかわらず大規模に効果を示すべき第三相無作為化試験でつまづくケースが多々あります。もしかするとなぜそうなるのか、その理由の一端となるのかもしれない研究が報告されました。
 アルツハイマー病ではアミロイドβが蓄積し、アミロイド斑を形成します。またアミロイドβと記憶障害の関係も明らかになっています。しかし、アルツハイマー病のモデルマウス、TgCRND8では、アミロイド斑形成前に記憶障害が生じ、これはアミロイドβ依存的なものもあれば、β-CTF等のアミロイド前駆蛋白質(APP)代謝物が関与するAβ非依存的なものもあったそうです。さらにそれぞれで障害する海馬神経ネットワークが異なっていたそうです。
 そうするとアミロイドβをターゲットにしただけでは記憶障害の抑制は難しく、他のAPP代謝物経由の記憶障害にも対応しなければ、記憶障害をターゲットとするランダム化比較試験をパスしにくいわけです。
Differential contribution of APP metabolites to early cognitive deficits in a TgCRND8 mouse model of Alzheimer’s disease
Valentine Hamm et al.
Science Advances 24 Feb 2017:
Vol. 3, no. 2, e1601068
DOI: 10.1126/sciadv.1601068

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
アミロイドβ依存の記憶障害ばかりではない、他のルートの対応も必要 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる