「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、知識・スキル、暮らし調査案

<<   作成日時 : 2017/02/11 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、および、知識・スキル、暮らし調査案(用語の整理を含む)
パチンコ・パチスロのめりこみ対策私案(篠原)(http://higeoyaji.at.webry.info/201701/article_17.html)の補足説明です。私案もご覧ください。

*1 ギャンブル依存、ギャンブル依存症、あるいはパチンコ依存、パチンコ依存症という言葉を使わず、「遊技障害」という言葉を使う理由。

1) なぜ「依存症」でははく「障害」なのか?
 アメリカ精神医学会のDSM-5(Diagnostic and statistical manual of mental disorders fifth edition:精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)では、「ギャンブル依存」「ギャンブル依存症」という言葉は使われておらず、gambling disorder(邦訳:ギャンブル障害)と表記されている。これに準じて「障害」という言葉を使っている。しかし、DSM-5の題名の邦訳では、disorderを「障害」ではなく「疾患」と訳しており、たとえばAutism spectrum disorderを自閉症スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害と併記するなど、「障害」という言葉のニュアンスを弱めようとする方向も国内では打ち出されている。ただし、gambling disorderが分類されている、物質関連障害および嗜癖性障害群ではすべて「障害」の呼称が使われているので、障害が適切だと考え「障害」を使用した。

2) なぜ「遊技(playing)」?
 DSM-5では「gamble」 disorderではなく「gambling」 disorderと「〜ing」で表記されている。いわゆるアルコール依存症もalcohol 「use」 disorder、覚せい剤などの依存もstimulant 「use」 disorderであり、「use(使用)」 における障害とのニュアンスが共通する。そこで、「パチンコ・パチスロ」障害よりは「パチンコ・パチスロを『遊技する』こと」の障害と表記した方が適切と考え、playingのニュアンスで「遊技」障害としている。
 また、パチンコ・パチスロ店は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」の下での許可営業であり、ここでは「遊技」と規定されているので、この点からも「playing」≒「遊技」の表記が適切と考えた。

3) なぜ「パチンコ・パチスロ」に特化するのか?
 DSM-5では「ギャンブリング」は、Gambling involves risking something of value in the hope of obtaining something of greater value(ギャンブリングとはより価値あるものを得ることを望んで、価値あるものを危険にさらすこと)と、gambling disorderの説明文の冒頭で表記しており、この定義から見ればパチンコ・パチスロもギャンブリングである。
 しかし、パチンコ・パチスロ遊技はレイズアップが出来ない、試行一回ごとの賭け額がパチンコで最大4円、パチスロでは20円と上限がある、試行回数が極端に多い、遊技時間が規制されている、いわゆる射幸性を規制しており台の撤去などが行われている等、カジノとは異なる遊技性や規制の現状があり、実際、パチンコ・パチスロ遊技障害では自然回復が多い、否認が少ない、ギャンブリング障害の尺度のカットオフ点が当てはまらないことなどが観察され、また遊技人口が極めて多いなどカジノとは異なる点が多々あるのでパチンコ・パチスロを特化して扱うこととした。
 なお刑法にいう「賭博」は「偶然の勝敗により財物・財産上の利益の得喪を争うこと」で違法あるが、風営法を遵守している限りにおいて直ちに違法とは言えず、刑法185条(賭博罪)で罰せられていない。賭博=ギャンブル、と理解すると、業界などから「ぱちんこはギャンブルではない」といった見解が出やすく、混乱が生じやすい。そこで、精神医学的定義でのgamblingは「ギャンブル」と呼ばず、「ギャンブリング」と呼称することを提案したい。もっともgambling disorderが邦訳では「ギャンブル障害」であり、上記提案でも混乱は収拾しきれないが。
 なお、カジノで醸成されてきたレスポンシブルギャンブリングの思想(lifetime value最大化を目指し、ギャンブリングに伴う危険の公知などを通して、楽しさと依存抑制の両立を目指す施策や考え方)は受け継ぎ、むしろ超えていかなければならない。

4)回復支援では「症」ととらえないほうがいいこともある
 ギャンブリングの問題の支援を行う場合、ギャンブリングの問題の背景にある発達の問題や生きづらさの問題への対処を含む支援が必要で、ここを怠り、借金の問題、ギャンブリングの問題だけに対処すると、ギャンブリングの問題を抱えた人が、「底つきが足りない」「プログラムが入っていない」など見当はずれの支援で二重に被害を被ってしまう。「否認」「共依存」「底つきが必要」という言説装置は鉄板ロジックで反論の余地を消してしまう。そして本人や家族の人権を奪う装置となりやすく、プログラムの進化を阻む装置ともなりうる。
 以上から、パチンコ・パチスロ遊技障害という言葉を使うべきだというのが私の主張だが、国会や社会では「ギャンブル依存」「ギャンブル等依存」「依存症」「ぱちんこ依存」という言葉の使用が通例となってしまっており、「障害」という言葉はかえって奇異に感じられてしまう現状が出来つつある。また、DSM-5の邦訳では、「障がい」という言葉が強く響くので「症」を併記することも行われてもいる。「障害」「障碍」「障がい」など背景思想を伴う表記の問題もある。
 そこでPPDSの正式名はパチンコ・パチスロ遊技障害尺度であるが、「障害」という言葉は用いず、「パチンコ・パチスロのめり込みリスク尺度」「のめり込みリスクチェック表」などを通称するのが適切なのかもしれない。遊技業界で昔から使われていた「のめり込み」「のめり込み問題」という用語の使用が現状では最も適切かもしれない。

5)「のめり込み」か「逃げ込みか」
 一方、回復支援施設関係者から、「今風の逃避型ギャンブラーは、のめり込んでパチンコをやっているような感じはありません。4号機の頃はのめり込んでいた人が多かったように思いますが、言葉と実態に解離が起きているように感じます。のめり込むのは、一つの能力であり、本来良い意味の言葉であるような気がします。パチンコにのめり込む人は、他のものにのめり込むセンスや力がありますから、「のめり込み過ぎても」支援はそれほど難しくありません。のめり込まずに、パチンコに逃避している人は、支援が難しいと思います。そういう人たちが増えているような気がしています」といった指摘を受けた。積極的ギャンブリングと逃避型ギャンブリングに違いがあり、ぱちんこでは逃避型が多く、支援に困難を伴いやすいのは後者であるという指摘だ。
 実際、PPDSにも逃避を聞く項目が含まれており、「パチンコ・パチスロ逃げ込みのめり込みリスク尺度」、長々しいがこういう表現が適切なのかもしれない。遊技障害対策も「遊技逃げ込みのめり込み対策」というわけだ。ただこの場合でも、「逃げ込み」「のめり込み」自体が悪いことではないことを忘れてはならない。人は何かに逃げ込んだほうがいい時が多々あるし、楽しくのめり込むことは決して悪いことではない。逃げ込み軸上の先に問題が生じる、のめり込み軸上の先で必ず問題が生じるという一次元モデルはおそらく正しくない。

*2 PPDSは以下(秋山久美子ほか パチンコ・パチスロ遊技障害尺度の作成および信頼性・妥当性の検討 精神医学58(4)308-314、2016より)
 この項目の後半(結果関連)を見ると、パチンコユーザーがこのような状態の場合、周りの人のパチンコ遊技に対する評価が低くなるのは当然である。したがって、遊技障害対策はそのままパチンコ・パチスロに対する信認回復対策となることを遊技業界関係者は強く自覚する必要がある。だからこそ、各ホールがユーザー調査、対策を行う必要があり、その不断の努力こそが遊技が世の中に受け入れられ、すそ野を広げていく根幹となる。というか、そうならないのなら消え去るべき業界といわれてもいたしかたない。
 また、「依存症」などといわれると身構えてしまうが、こうした個々の項目の反応性を落としていくことが予防に直結する。だからホールでもメーカーでもそれはできる。

次の質問について、最近の12か月間における、あなたの気持ちや状況にもっとも近いものを一つ選んで〇をつけてください
短縮版は太字6項目、私見ではマスコミで取り上げられるような重症例の判断には深刻度(項目反応理論での)の高い自殺項目を一項目入れるのがいいと考える。
各項目に対するアドバイス例を付した。

<動機>過度のとらわれと逃避が遊技動機だと問題:自己選択的に楽しく遊技することがだいじ

私はパチンコ・パチスロのことがいつも気になって仕方がない(思考のとらわれと欲求)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:パチンコ・パチスロ以外のことを考える時間を作りましょう

パチンコ・パチスロのことが頭に浮かぶと、私はパチンコ・パチスロをやらずには済まされなくなる(思考のとらわれと欲求)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:パチンコ・パチスロのことが頭に浮かんだら、ああ浮かんでるなあと流してみましょう。


パチンコ・パチスロをしている間だけは、私は気分が落ち着いている(逃避)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:パチンコ・パチスロのときとよく似た気分になることは何ですか?

パチンコ・パチスロをしている間だけは、私はほかのことを何も考えないで済んでいる(逃避)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:パチンコ・パチスロのときとよく似た気分になることは何ですか?探してみましょう。

パチンコ・パチスロは、ストレスから逃れるために私にとってなくてはならないものだ(逃避)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:「楽しいなあ」と思いながらパチンコ・パチスロをしましょう

次の質問について、最近の12か月間における、あなたの気持ちや状況にもっとも近いものを一つ選んで〇をつけてください
<行動>耐性や離脱で遊技するようだと問題:純粋にぱちんこが楽しいことがだいじ

私はもっと多くのお金を得たいと思うあまりに、パチンコ・パチスロに使う金額が増えてきた(耐性)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:ぱちんこについての知識・スキルをチェックしましょう

パチンコ・パチスロで負けても以前ほど不安や後悔を感じなくなったために、私はより一層パチンコ・パチスロに使う金額が増えた(耐性)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:ぱちんこの収支をつけましょう

パチンコ・パチスロをする回数や時間を減らしたら、私は気持ちが落ち着かなくなった(離脱)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:先週一週間を振り返って、まあまあ落ち着いていたときはいつですか?

パチンコ・パチスロをやめようとしたら、私は仕事や家事や勉強などは手につかなくなった(離脱)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:先週一週間で、仕事や家事や勉強などに打ち込めたときはどんな時ですか?

私は一日に予定よりはるかに多くの金額をパチンコ・パチスロに使ったことがある(深追いと自己制御困難)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:いい感じにやめられたときはどんな時でしたか?

私はパチンコ・パチスロで負けた時、負けた分を取り返すために、その日のうちまたは翌日にパチンコ・パチスロをしにいったことがある(深追いと自己制御困難)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:そうしなかったときは、どうして、そうしないでいられたのですか?

次の質問について、最近の12か月間における、あなたの気持ちや状況にもっとも近いものを一つ選んで〇をつけてください
<結果> 嘘、隠し事、経済問題:負けを楽しめることがだいじ

パチンコ・パチスロをすることで、治療中の私自身のからだの病気が悪くなった(健康問題)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:お医者さんにいっていますか?

パチンコ・パチスロをすることで、治療中の私自身のこころの病気が悪くなった(健康問題)
 あてはまらない どちらかというとあてはまらない どちらかというとあてはまる あてはまる
アドバイス:お医者さんにいっていますか?

パチンコ・パチスロをしていることに、私は罪悪感を覚えることがある(罪悪感・羞恥心)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:遊技の仕方を見直しましょう。楽しめない遊技は損ですよ。

私がパチンコ・パチスロをすることで生じた問題について、家族や周りの人に迷惑をかけ申し訳ないと感じたことがある(罪悪感・羞恥心)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:遊技の仕方を見直しましょう。楽しめない遊技は損ですよ。

パチンコ・パチスロをすることで生じた私自身の問題を考えると、私は人に対して決まり悪さや恥ずかしさを感じたことがある(罪悪感・羞恥心)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:遊技の仕方を見直しましょう。楽しめない遊技は損ですよ。

私自身のパチンコ・パチスロによる負けや借金を隠すために、嘘をついたことがある(嘘・隠し事)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:つい見栄を張ると苦しくなります。適度に楽しむとは見栄を張らずに楽しむことでもあります。
ご家族へ:嘘が頻繁で軽い感じが強い場合、発達の問題などが潜んでいることがあります。ワンデーポートなどに連絡してみましょう。

私は家族、友人、同僚などに嘘をついて、パチンコ・パチスロをしたことがある(嘘・隠し事)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:つい見栄を張ると苦しくなります。適度に楽しむとは見栄を張らずに楽しむことでもあります。
ご家族へ:嘘が頻繁で軽い感じが強い場合、発達の問題などが潜んでいることがあります。ワンデーポートなどに連絡してみましょう。

私はパチンコ・パチスロをすることによって、経済的困難におちいり、お金を出してくれるよう人に頼ったことがある(経済的問題)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:ちゃんと収支をつけましょう。勝った分は使わないで、負けに備えましょう。
ご家族へ:安易な借金の積み重ねの背後には、先が見通せないなど、もともとの問題が隠れていることがあります。リカバリーサポートネットなどに相談してみましょう。

パチンコ・パチスロをするために、私は人からお金を借りたことがある(経済的問題)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:パチンコは自己資金でしましょう。あと少しで天井というときも自己資金でやりましょう。

私はパチンコ・パチスロをすることによって、教育を受ける機会を失いそうになったり、または失ったことがある(仕事・学業)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:自分のぱちんこの仕方に問題があると思ったら、リカバリーサポートネットに電話しましょう。何を解決していったらいいか一緒に考えてくれます。

私はパチンコ・パチスロをすることによって、仕事で失敗したり、職を失いそうになったことがある(仕事・学業)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:自分のぱちんこの仕方に問題があると思ったら、リカバリーサポートネットに電話しましょう。何を解決していったらいいか一緒に考えてくれます。

パチンコ・パチスロをすることで、家族や恋人との関係が破たんしそうになった、あるいは破たんしたことがある(重要な人との関係)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:自分のぱちんこの仕方に問題があると思ったら、リカバリーサポートネットに電話しましょう。何を解決していったらいいか一緒に考えてくれます。

パチンコ・パチスロに関する自分のお金の使い方をめぐって、同居している人と口論になったことがある(重要な人との関係)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:自分のぱちんこの仕方に問題があると思ったら、リカバリーサポートネットに電話しましょう。何を解決していったらいいか一緒に考えてくれます。

私は自分のパチンコ・パチスロの問題で悩んだ末、自ら命を絶とうと思ったことがある(自殺)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:リカバリーサポートネットにすぐに電話しましょう。

私は自分のパチンコ・パチスロのことで、悩んで自殺をはかったことがある(自殺)
 全くない ほとんどない 時々ある よくある
アドバイス:リカバリーサポートネットにすぐに電話しましょう。

自殺関連項目は深刻度(項目反応理論での)が高い。つまりこの項目に反応すると全体得点が急速に上がる。マスコミで紹介されるような深刻例のスクリーニングには自殺関連項目が有効。ただしここには「うつ」など併存障害の問題が見え隠れする。

あなたはパチンコ・パチスロをするために、またはパチンコ・パチスロによる借金を返すために、以下のところからお金を借りたことがありますか(経済的問題)
1、家族または家計 2、友人または知人 3、銀行 4、ローン会社 5、サラ金 6、ヤミ金 7、その他 8、借りたことはない
アドバイス:パチンコは自己資金でしましょう。あと少しで天井というときも自己資金でやりましょう。

各項目、左から1,2,3,4点、最後の質問は丸のついた数が得点。最大111点。
軽度リスク54点以上 重度リスク63点以上 特にリスクにかかわる項目(深刻度項目)は自殺関連、超重症などを定義することが有意義かもしれない。動機、行動、結果についてもカットオフを算出している(未発表)

ただしこれらはDSM構造化面接との関連で算出している。そもそもカジノ型ギャンブリングで作り上げられてきた基準をパチンコパチスロでも基準にしていいかは疑問であり、今後の精査が必要.。
そこで、DSM−5ではそのチェック項目前に「臨床的に意味ある機能的障害や苦痛を引き起こす「問題のあるギャンブル行為」が、12か月間、持続したり反復したりしたこと。ここでいう「問題のあるギャンブル行為」とは以下に示す項目を四つ以上満たす行為を指す」(http://higeoyaji.at.webry.info/201311/article_15.html)との記載があるので、以下の項目を付け加えておくことも必要かもしれない。

いまお聞きした最近12か月の状況で、あなたは苦痛を感じていますか
強く苦痛を感じている まあ苦痛を感じている あまり苦痛を感じていない 全く苦痛を感じていない

いまお聞きした最近12か月の状況で、あなたは困っていますか
非常に困っている まあ困っている あまり困っていない 全く困っていない

*3 遊技知識・スキル調査例(ウエノミツアキらと作成)
遊技知識・スキルが遊技リスク抑制的に働く可能性がある一方、遊技に詳しく、だから勝てる気になってリスクを高める可能性もあり得るので調査が必要。おそらくサブグループごとで影響が異なる。

1、あなたはパチンコ・パチスロの収支をつけていますか
  かならずつけている ときどきつけている つけていない

2、あなたは、打っている店の玉(メダル)の交換率を知っていますか
  よくわかっている だいたいわかっている わからない

3、「貯玉(メダル)」は出た玉(メダル)を交換せず、カードなどに貯めておくことです。あなたは貯玉(メダル)をしていますか
  している していない そういう制度を知らない

4、あなたは、あなたが打つのをやめた後、その台が出た場合、続けて打てばよかったと後悔しますか
  強く後悔する 少し後悔する まったく後悔しない

5、あなたは、「ツキは平等なので、今、ツイていなくてもツキは必ず戻ってくる」と思いますか。
そう思う そう思わない 

6、あなたはパチンコを打ちますか?
はい  いいえ

「いいえ」と答えた方(パチンコを打たない方)は以下を飛ばし、「7」に行ってください
「はい」と答えた方は以下にお答えください。

6−1、パチンコでいう「ボーダーライン」とは、千円あたりこのくらい回るとチャラになる回転数のことです。あなたは、よく打つ台のボーダーラインは知っていますか?
よく知っている だいたい知っている 知らない

6−2、あなたは、ボーダーライン以上によく回る台を打つようにしていますか  
そうしている そうしたいがそういう台がない 気にしていない 

6−3、あなたは打っている台の千円あたりの回転数を数えていますか
  ほぼ完全に数えている ときどき数えている まったく数えていない

6−4、「止め打ち」は、保留玉がいっぱいのときに打ち出しを止める、アタッカーが開いていないとき打ち出しを止めるなど、無駄玉を減らす打ち方です。あなたは「止めうち」をしていますか。
いつもしている ときどきしている していない

6−5、あなたは「確率は収束するので、今日勝てなかった分はいずれ戻ってくる」と思いますか
そう思う そう思わない 

6−6、あなたは「確率320分の1のパチンコ台が、今日、2000回当たりなしだったら、翌日は必ずたくさん出る」と思いますか。
  そう思う そう思わない

6−7、あなたは「確率320分の1のパチンコ台で、当たらないまま300回になったとき、ここからの100回はこれまでより当たりやすい」と思いますか。
  そう思う 思わない 

6−8、あなたは、それまでいくら使っていても、回らない状態が続いたら、やめることができますか
  できる できない

6−9、あなたは、「熱いリーチがはずれたらやめる」「となりが連チャンし始めたらやめる」などやめ時をきめる自分なりのルールを持っていますか
持っていない ひとつ、ふたつ持っている たくさん持っている


7、あなたはパチスロを打ちますか
 はい  いいえ

「いいえ」と答えた方は以下を飛ばし、「 」に行ってください
「はい」と答えた方は以下にお答えください。

7−1、パチスロには「設定」があり、設定がよいと出やすくなります。あなたは、「設定」を推測しやすい機種があることを知っていますか
  知っている 知らない 

7−2、あなたは、打っている台の設定を推測しようとしていますか
  いつも推測しようとしている 時々推測しようとしている まったくしていない

7−3、あなたは、「目押し」ができますか
  直視(タイミングで目押しするのではなく、見えて目押しする)でできる ほぼできる できない

7−4、あなたは、ARTとAタイプの違いがわかりますか
  よくわかっている だいたいわかっている わからない

7−5、あなたは、自分が打つ機種のチャンスゾーンを知っていますか
 よくしっている だいたい知っている 知らない

7−6、あなたは、よく打つ機種の設定ごとのボーナス確率(もしくはART確率)を知っていますか
 よくしっている だいたい知っている 知らない

7−7、あなたは、よく打つ機種の「期待値がプラスになるゲーム数」を知っていますか
  よくしっている だいたい知っている 知らない

7−8、あなたは、パチスロを打つとき予習してから打ちますか
 十分予習してから打つ 少しは予習してから打つ 気にせず打つ

7−9、あなたは、「熱い予告ではずれたらやめる:「この打ち込み数になったらやめる」などやめ時をきめる自分なりのルールを持っていますか
持っていない ひとつ、ふたつ持っている たくさん持っている

*4 生活、行動傾向、暮らしの質問例
最も大事なのは太字だと思っている(ワンデーポートの意見を参考にした)

あなたについてお伺いします。もっともあてはまるものに〇をつけてください。

つい頑張りすぎる
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

先を見通すのが苦手
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

断るのが苦手
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

さぼり癖がある
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

つい見栄を張ってしまう
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

人に相談するのが苦手
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

仕事(家事等を含む)はまあまあうまくいっている
そう思う どちらかというとそう思う どちらかというとそう思わない そう思わない


余暇の時間や中身はそこそこ確保できている
そう思う どちらかというとそう思う どちらかというとそう思わない そう思わない


日々の暮らしは破たんなくできている
そう思う どちらかというとそう思う どちらかというとそう思わない そう思わない


パチンコ・パチスロ以外の楽しみ(暇つぶし)を持っている
たくさん持っている いくつか持っている ひとつ持っている ほかの楽しみはない


パチンコ・パチスロをする前から生活がうまくできていなかった
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

パチンコ・パチスロをする前からお金の使い方がうまくなかった
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

パチンコ・パチスロをする前から経済的に苦しかった
あてはまる どちらかというとあてはまる どちらかというとあてはまらない あてはまらない

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、知識・スキル、暮らし調査案 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる