「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカーヘディング問題

<<   作成日時 : 2017/02/20 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 アルベルト・アインシュタイン大のネット調査。ニューヨーク市のアマチュアサッカークラブの成人男女の選手222人が回答。回答者は前年に6カ月以上サッカーをしており、直近の2週間でヘディングしたのは、男性平均44回、女性平均27回。男性の37%、女性の43%は、後頭部にボールがぶつかるなどの偶発的な頭部衝撃を1回以上経験していたそう。
 日常的にヘディングを行う選手は、さほどヘッディングしない選手と比較して、脳震盪の症状を示す可能性が3倍以上。偶発的な頭部衝撃を2週間で2回以上受けた選手は、そうでない選手と比べ、脳震盪が6倍以上。ヘディングまたは頭部衝撃があった選手の20%で中等度から重度の脳震盪。極めて重度の症状を呈した7人のうち6人は頭部衝撃を2回以上受け、4人はヘディング回数が最も多い群で、3人は2番目に多い群だったとか。
 すでに、年間1,000回以上のヘディングを行うサッカー選手の30%では、脳白質の微細構造の変化がみられ、認知機能が低下することが報告されているので、ボクシング、アメフト同様、サッカーのヘディングも何かと考えなければいけないのかもしれない。ちなみにアメフトでは認知症リスクが高まることが報告されている。
Symptoms from repeated intentional and unintentional head impact in soccer players.
Neurology. 2017 Feb 01; pii: 10.1212/WNL.0000000000003657.
Walter F Stewart, Namhee Kim, Chloe S Ifrah, Richard B Lipton, Tamar A Bachrach, Molly E Zimmerman, Mimi Kim, Michael L Lipton

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
サッカーヘディング問題 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる