「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 90代なら高血圧が逆に認知症の発症率を低下させる

<<   作成日時 : 2017/02/18 19:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 中高年での高血圧は晩年でのアルツハイマー病など認知症の発症率を高めることが知られ、血圧管理などの心臓疾患リスク因子管理(運動、食事、血圧測定、服薬など)が認知症予防的であることはよく知られています。一方で、超高齢者での血圧上昇はかえってリスクを下げるとする報告も散見されていました。
 ↓はカリフォルニア大などの研究。90歳以上の559人を3年近く追跡調査。した。研究開始時は認知症0。血圧の推移を確認しつつ、6カ月ごとに認知症について評価。結果、40%が認知症を発症したそう(この数字もだいじ)。上が140以上、下が90以上を高血圧とし、80歳以降に高血圧を発症した人は、90代で認知症を発症する可能性が正常血圧の人より42%低かったそう。さらに、90歳以降に高血圧を発症した人は高血圧を認めなかった人よりも63%認知症の発症率が低かったとか。また、この傾向は降圧薬を服用していても変わらなかったそうで、単純に読めば、80代以降での高血圧治療は少なくとも認知症発症の抑制には役立たなそうということ。ほかの健康問題はこの研究では不明だから、軽々に降圧剤やめてはいけませんよ。因果研究でもないですし。
Age of onset of hypertension and risk of dementia in the oldest-old: The 90+ Study.
Alzheimer's & dementia : the journal of the Alzheimer's Association. 2017 Jan 06; pii: S1552-5260(16)32962-4.
María M Corrada, Kathleen M Hayden, Annlia Paganini-Hill, Szofia S Bullain, Jaime DeMoss, Colette Aguirre, Ron Brookmeyer, Claudia H Kawas

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
90代なら高血圧が逆に認知症の発症率を低下させる 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる