「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳由来神経成長因子が精神疾患の指標となりうる

<<   作成日時 : 2017/01/02 14:13   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 脳由来神経成長因子(BDNF)は、脳の神経細胞の成長や損傷の修復などとかかわり、たとえばうつ病では記憶に関係する海馬でBDNFが働きずらくなると、過去のいやな記憶などの亢進が困難になるといったBDNF仮説が提案されています。また運動すると海馬でBDNFが増え、これが運動による海馬容積増とかかわり、認知機能の低下予防に結びつくと考えられています。
 さて、↓は、重度の精神疾患(単極性うつ病、双極性うつ病、躁病、統合失調症)とBDNFの関連を調べたもの。236人の入院患者と100人の健常者の比較。入院患者の血清BDNFレベルは入院時に低く、退院時には若干高くなっていたとか。入院時、退院時とも健常者に比べてBDNFは低く、かつ病気による差がないことから、精神疾患一般のめざーな指標になりうるのではないかとのこと。
 逆が成り立つなら、どの疾患でも運動療法が成り立ちうるわけですし、その機序はおそらく機能回復側面でのBDNFの関与。回復力問題なのではないかと思います。
Brain-derived neurotrophic factor increase during treatment in severe mental illness inpatients.
Nuernberg GL, Aguiar B, Bristot G, Fleck MP, Rocha NS.
Transl Psychiatry. 2016 Dec 13;6(12):e985. doi: 10.1038/tp.2016.227.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
脳由来神経成長因子が精神疾患の指標となりうる 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる