「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホラー映画ではドキドキ音のドキのときに顔を上げさせるとよけい怖い?後に残る?

<<   作成日時 : 2017/01/25 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 偏見というのは意識的なものだけではなく、無意識的、身体的なもので根深いものであることを示唆する研究がこれまでに報告されてきている。たとえば、白人が被験者なら、黒人が携帯電話、手工具などを持っている場合、白人が持っている場合より、それを拳銃など武器だと誤認しやすいことが報告されているし、黒人の顔を見せただけで偏桃体、視床下部、交感神経系の恐怖反応系が活性化し、かつこの活性度は被験者が不安を抱えていたり、ストレスにさらされたりしている状況下の方が高まることも報告されている。ドキドキ感が強いほど、不快感などを感じる度合いが高まっている自覚も強まるらしい。偏見はストレスや不安を抱えているときの方が強まり、不快感の増幅が意識できてしまうわけだ。
 ↓はロンドン大の研究。32人の被験者に対して、まず黒人の顔または白人の顔をプライミング刺激として与えておく。次に、拳銃、携帯電話、手工具などの映像を見せ、武器かどうかを素早く判断させる。すると武器でないものを武器と誤認する場合が出てくるわけであるが、案の定、黒人の顔をちらり見せた場合の方が誤認率が高かった。
 この研究の面白いところは、プライミング刺激を与えるタイミングを心臓の状態に合わせてコントロールしているところで、結果、心臓の収縮期に顔が提示された場合の方が武器として誤認しやすくなったそうだ。ドンと拍動した瞬間は偏見が強化されやすいタイミングらしい。そうするとホラー映画などで心臓の拍動音がよくつかわれるが、ドクっというときに顔を見せた方が刷り込みしやすいのかもしれない。ドキドキ音のドキのときに顔を上げさせるとよけい怖い?後に残る?
Cardiac afferent activity modulates the expression of racial stereotypes.
Azevedo RT, Garfinkel SN, Critchley HD, Tsakiris M.
Nat Commun. 2017 Jan 17;8:13854. doi: 10.1038/ncomms13854.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
ホラー映画ではドキドキ音のドキのときに顔を上げさせるとよけい怖い?後に残る? 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる